投稿

ジルコボンドブリッジとオベイドポンティック 船堀ガーデン歯科矯正歯科

イメージ
今回は神経が死んでしまい変色してしまった歯と虫歯で抜かないといけなくなった歯の治療です。 神経がなくなると歯の色は徐々に変色して黒ずんで行きます。 そうなると通常のクリーニングやホワイトニングでも効果が薄いため被せものが効果的になります。 今回は隣の歯が抜歯になるためどちらにしてもブリッジという治療が左右の歯に被せものする必要があるため一緒に治すことができました。 保険外のセラミックの被せものは保険の金属にプラスチックをコーティングした被せものと異なり、金属アレルギーや金属により歯や歯茎が変色する心配はありません。また、プラスチックよりも自然でキレイな仕上がりになり、変色や劣化の心配もないため長期的にキレイな状態を保つことができます。 今回は通常のセラミックではなくジルコニアという特別硬いセラミックの上に色のキレイなセラミックをコーティングしたジルコボンドという素材を使っており、強い強度の求められるブリッジでも安心して使用していただけます。 また抜歯したところはオベイドポンティックという歯茎を押す特別な形態にしてあります。 通常の形態と比べて、歯のないところでも立ち上がりが自然になり、また汚れもたまりにくいため非常に衛生的です。 ご興味のある方は一度ご相談ください。

抜歯を避けて歯を保存する治療(エクストリュージョンとクラウンレングスニング) 船堀ガーデン歯科矯正歯科

イメージ
歯を失った場合の治療について何度か解説してきましたが、やはり歯を失わないで済むのであればそれに越したことはありません。 ただやはり虫歯や事故など歯の大部分がなくなってしまった場合はどうしても強度が不足してしまい被せものの治療に歯が耐えきれず抜歯せざるを得ないことがあります。 そういった場合でもエクストリュージョンとクラウンレングスニングという治療を組み合わせることでなんとか保存することができるかもしれません。 歯を残して被せものをするためには被せものを維持するために歯茎の上にある程度支えとなるご自身の歯が必要になります。 エクストリュージョンは部分矯正の一種で、骨の中に埋まった歯を引っ張り上げることで歯茎の上歯を出すことができます。 クラウンレングスニングには歯周外科の一種で、歯茎や骨の形を整えることで埋もれていた歯を取り出すことができます。 このふたつの組み合わせることで術前ほとんど見えなかった歯も十分に姿を見せてくれます。 さらに歯に土台を建て補強することで十分な歯の支えができるため、最終的な被せものが取れたり壊れたりせず長持ちするようになります。 通常の治療と比べると少し手間はかかりますが、治療中は仮の歯で見た目を補うこともできますし、抜歯することなく保存できる効果は大きいのでもし興味ある方はご相談ください。

ノンメタルクラスプデンチャー(金具の目立たない入れ歯) 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
 歯を失った場合、そのまま放置してしまうと歯並びが崩れてきたり、噛み合わせのバランスが崩れることで残った歯にダメージを与えてしまうため、それを補う治療が必要になります。  歯を補う治療を欠損補綴と言いますが、欠損補綴には入れ歯・ブリッジ・インプラントという3つ選択肢があります。  その中で入れ歯は一番適用範囲が広く、治療回数が少なく、治療費が安いのがメリットです。またブリッジのように左右の歯を大きく削る必要がなく、インプラントのように骨に穴を開ける必要もないため、体に対する侵襲が少ない優しい治療です。  ただ取り外しが億劫であったり、金具が目立ち、他人に入れ歯であることがバレてしまうことに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。  今回紹介するノンメタルクラスプデンチャーは歯の横の金具(クラスプ)の代わりに特殊なプラスチック(ポリアミド樹脂)を使用することで歯茎色で目立たなくさせることができ、歯の上の金具(レスト)の代わりに特殊なセラミック(ジルコニア)を使用することで白い歯と同化し目立たなくさせることができます。  取り外しは必要ですが、取り外しができることで歯磨きがしやすいお口の中を清潔にできるメリットもありますのでそういう意味で歯に優しい治療になります。  お口の中の状況により設計や金額が変わりますのでご興味がある方は一度ご相談ください。

上唇小帯切除術(お口の中のヒダの除去) 船堀ガーデン歯科矯正歯科

イメージ
  上の前歯の付け根の方から上唇に伸びていくヒダを上唇小帯といい ます。 上唇小帯は誰にでもありますが、あまり大きかったり、 長かったりするとお掃除の時に邪魔で痛みが出たり、 発育の妨げになり歯ならびに悪影響を及ぼすことがあります。 この写真のように大人になってからの切除も可能ですが、 可能であればお子さんのときに切除すると発育の妨げになりにくく なります。 今回の切除はレーザーを使っており、出血や痛みもほとんどなく、 簡単に終えることができますのでご希望の方はご相談ください。 上唇小帯と同じように舌の下にある舌小帯というヒダも成長や発音に悪影響を及ぼしますので、同じようにレーザーで切除することができます。 また今回は更にクラウンレングスニングという処置をしています。 ガミースマイルと言われる笑った時に歯茎が目立ってしまうタイプ の患者さんでしたので、 一緒に少しだけ歯茎を切って前歯の見え方を減らし、 すっきりした形にしています。

保険でできる歯を削らないブリッジ(接着ブリッジ)船堀ガーデン歯科矯正歯科

イメージ
  歯を失った場合、 そのまま放置してしまうと歯並びが崩れてきたり、 噛み合わせのバランスが崩れることで残った歯にダメージを与えて しまうため、それを補う治療が必要になります。  歯を補う治療を欠損補綴と言いますが、欠損補綴には入れ歯・ ブリッジ・インプラントという3つ選択肢があります。 それぞれが一長一短ではありますが、 入れ歯には抵抗感を示す方が多く、 インプラントは保険適用できないため高額になってしまいます。 そうすると保険の治療ですとブリッジという選択肢を取る方は自然 と多くなります。  ブリッジ自体はとてもいい治療ではありますが、 左右の歯を削ってまとめて大きな被せものをするという治療になり ますのでどうしても歯に対する侵襲が大きくなってしまいます。  歯は削れば削るだけ弱くなってしまいますし、 虫歯のない歯を削ってしまうので非常にもったいないことです。 加えて、 保険ですと銀歯になりますのでどうしても銀色が目立ってしまいま す。  当院では接着ブリッジという限りなく削る量を少なくした治療法を 採用しています。  写真を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、 通常のブリッジと比べてかなり削る量が少なく、 銀歯も目立ちにくくなっています。特に左右の歯が健全な場合、 通常のブリッジと比べて遥かに少ない削る量で作れるので歯に優し く治療が可能になります。 保険も適用できますのでインプラントのような高額な費用の心配も ありません。  ただし適用できる場合とそうでない場合がありますので一度ご相談 ください。

サージカルガイドを使用したインプラント治療(ガイデッドサージェリー) 船堀ガーデン歯 科矯正歯科

イメージ
 インプラント治療成功の秘訣は綿密な治療計画と正確なインプラントの埋入です。  治療計画は前回お話したCT撮影とデジタルシミュレートを行うことで綿密に行いますが、実際のお口の中で予定した埋入位置が把握しづらく、また手作業のためどうしてもズレてしまうことがあります。  そうなってしまうとせっかくの計画も台無しになりかねず、血管や神経を傷つけたり、最終的な被せものもキレイに入らなくなってしまう可能性があります。  当院では計画通りの位置に正確に埋入するために原則的に全ての症例でインプラント埋入を補助するサージカルガイドを使います。これをガイデッドサージェリーと言います。  サージカルガイドの誘導に従うことでガイデッドサージェリーはシミュレートとズレることなく確実にベストな位置に埋入することができます。  このようにして当院では安全かつ確実に、スピーディで低侵襲なインプラント治療を行っていますのでいつでも安心してご相談ください。

CT撮影とインプラントの3Dシミュレート 船堀ガーデン歯科矯正歯科

イメージ
 インプラント治療はインプラント体を顎の骨の中に埋入する治療です。ですのでインプラント治療には顎の骨の中に下顎管や下歯槽神経など大事な神経や、舌下動脈や大口蓋動脈な大きいな動脈などあるため、それらが傷つくと重大な事故につながってしまうようなリスクが伴います。また、上顎洞という空洞や骨の薄い部位・柔らかい部位などインプラント体を埋入するのにふさわしくない部位があり、こういったところ埋入してしまうとインプラントが長持ちせず取れてしまう場合もあります。それらを回避し、十分な安全性と長期性を確保するためにインプラント治療を行う前には必ずレントゲンによる術前診査が行われます。  通常の歯科治療でよく行われるパノラマと言われるレントゲン撮影でも平面的(二次元)に大まかな骨の量や神経や血管の位置を把握することができますが、インプラント治療においては十分なものとは言えません。   そこで当院では通常のレントゲン撮影に加え、CT撮影を行うことでより精密な診査を行っております。 CT撮影は立体的(三次元)で骨量・骨質・神経・血管位置などを把握できるためインプラント治 療におけるリスクを限りなく排除した上で安全なインプラント治療を行うことができます。   また、当院ではCTデータを使い事前にインプラントの形態や埋入位置をシミュレートし、綿密 な治療計画を立てます。これにより大事な神経や血管を傷つけることなく、骨量や骨質が良好な部分を選択し、他の歯とのバランスの取れた位置に、理想的な形態のインプラントを最適な角度で埋入することができます。   このように埋入されたインプラントは患者さん自身としてもとてもも使いやすく、長期間安心して使うことができ、手術のリスクも最小限に抑えることができます。