投稿

拡大鏡とマイクロスコープを使用した精密治療 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
当院では複数の拡大鏡を所有しており、各ドクターが各々に合った拡大鏡を状況に合わせて使用しております。 拡大鏡は治療部位を3倍ほどに拡大してみることができるため精密で丁寧な治療をするのに大いに役立ってくれます。 虫歯や被せ物の治療はもちろん、特に細かい治療になる根管治療では大活躍です。 ライト付きのものは通常の光が届かないお口の中の奥でも明るく見えるため非常に治療がやりやすくなります。 また、より精密な治療が必要な時はマイクロスコープといわれる顕微鏡を使用することで倍率はさらに上がり30倍という高倍率で治療を行うことができます。 当院ではこれら最新の器具を利用して患者様のためにより精密・丁寧で長持ちする治療を心がけています。

矮小歯の治療 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
今回は右上の2番目の歯が生まれつき小さい矮小歯だった方が見た目を気にされての治療です。 セラミックの被せ物をすることで色や形をきれいに修正することができました。 ご興味ありましたらお気軽にご相談ください。

三宅理沙先生自己紹介 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
毎週土曜日に新しく三宅理沙先生という女性のドクターが勤務されるようになりましたので先生の自己紹介を掲載します。 初めまして。 私は東京医科歯科大学卒業後、東京大学医学部附属病院の口腔外科で研修を行い、抜歯などの小手術や周術期管理について研鑽を積んでまいりました。 現在は東京医科歯科大学でインプラント治療の臨床・研究に従事しております。 今私たちは人生100年時代を生きており、長期的な視点でお口の健康を管理することが極めて重要です。だからこそ、予防歯科の観点を重視すると共に、患者さんの「今」抱えている悩みはもちろん、数十年 先まで見据えた治療をご提案できるよう心がけております。 皆様が生涯にわたって美味しく食事を召し上がり、綺麗な歯で笑って過ごせるよう、誠心誠意お手伝いさせていただきます。 どんなことでもお気軽にご相談ください。 略歴 早稲田大学系属早稲田実業学校高等部 卒業 東京医科歯科大学歯学部歯学科 卒業 東京大学医学部附属病院 口腔顎顔面外科・矯正歯科 臨床研修医 修了 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学専攻 口腔再生再建学分野 入局 東京医科歯科大学病院 口腔インプラント科 所属 学会 日本口腔インプラント学会所属

K.O.Dentalフェア2022 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
K.O.Dentalフェア2022に院長とスタッフで参加してきました。 KOデンタルは歯科の大手商社で、歯科医院で使う多くの歯科材料や機材を取り扱っています。 今回のフェアではたくさんの企業の最新の機材や技術が一堂に会し、実際に触って、試して、購入することできました。 勉強会などもあり、新しい知識や機材に刺激を受け、それらを日々の診療に活かし、皆様に還元できるようになるかと思いますのでこれからもよろしくおねがいします。

週刊ダイヤモンド掲載!頼りになる厳選歯科医院リスト 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
9月3日発売の日本一売れてるビジネス誌週刊ダイヤモンドの後悔しない歯科治療特集の歯科矯正・インプラント対応頼りになる厳選歯科医院リストに当院が掲載されました。 江戸川区内で3医院しかない歯科医院に厳選されてとても光栄です。 これからも精進していく次第ですのでよろしくおねがいします

TCHと歯ぎしり・食いしばり 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
歯を悪くする原因といえばみなさん虫歯や歯周病が思いつくと思います。 しかしそれ以外にも噛む力が強すぎたり、歯ぎしり食いしばりがあると歯を悪くすることがあります。 歯ぎしり・食いしばりは無自覚に行う方が多く、気づかないうちに歯がすり減り、知覚過敏や顎関節症、最悪抜歯の原因になってしまいます。 まずは日中歯と歯を当ててしまう癖(これをTCHといいます)をなくすことが優先です。 TCHがあるだけでも歯や顎への負担が蓄積し歯の痛みや顎関節症を引き起こします。 TCHをなくすことで歯ぎしり・食いしばりをすることがなくなりますし、歯や顎もリラックスしてダメージを回復することができます。 また意識して改善することができない睡眠時の歯ぎしり・食いしばりに対してはナイトガードを装着することで、ナイトガードがクッションを働きをしてダメージを軽減することができます。 それ以外にはボツリヌストキシン製剤を顎の筋肉に注射することで噛む力を弱め、ダメージを軽減したり、矯正して歯並びを整えることで噛む力をコントロールしダメージを軽減することもできます。 気になる方は一度ご相談ください。

日本補綴歯科学会学術大会 船堀ガーデン歯科・矯正歯科

イメージ
先週は馬場先生が所属している日本補綴歯科学会の学術大会に参加してきました。 日本補綴歯科学会は被せものやインプラントや入れ歯など歯を補う治療の研究や勉強をする会です。 学術大会では最新の研究や治療法などを発表したり勉強したりすることができます。 歯医者の技術も日進月歩。 最新の知識を皆さんに還元できるようにスタッフ一同一生勉強に励んでいきますのです。 これからも宜しくお願いします。